名城公園北園中心部
名城公園北園: 左にせせらぎ亭、右奥にオランダ風車が見えます。

「名城公園ガイドブック:バツイチママが息子と一日遊べる」について

名古屋城名城公園とは、行政上、名古屋城二の丸・三の丸・旧陸軍練兵場跡(北園)までの区域を含む、総面積76haの総合公園ことを指しており、名城公園内には、名城公園フラワープラザ、愛知県体育館などがあります。3月下旬〜4月上旬の桜の季節ともなると約2700本の桜の多くが花を咲かせます。
しかし、通常名古屋や周辺のみなさんが名城公園と呼んでいるのは、いわゆる北園のことで、ここではその名城公園北園を紹介します。
ピンと来ない方は案内図を見て下さいね。南側には名古屋城を見ることが出来ます。

名城公園・菖蒲園

【公共交通機関・自動車】  地図をご覧下さい。
名古屋市市営地下鉄名城線の名城公園駅(愛知)と周辺を表示します。
表示を広域にすることも出来ますので、自動車の方にも便利な表示です。

新着情報

2008.02.13 「名城公園の梅まつり」を追加しました。
2008.06.03 「菖蒲・かきつばた園」(おふけ池)風景を追加しました。

名城公園・菖蒲園

「名城公園ガイドブック」の視点

名城公園(以下、名城公園北園のこと)は名古屋城の内堀を挟んで、直ぐ北側に位置する公園です。都会の真ん中にあって、みどり豊かで、過ごし方によっては一日ゆったりと、しかもお金を使うことなく遊ぶことが出来ます。

名城公園正面入口付近

遊園地にいっても、車や電車などで遠出するにしましてもお金がかかりますよね。その上、渋滞などで思わぬ時間がかかったりすることもあります。
子どもとは大いに遊びたいけど、気楽にゆったり過ごしたい方には重宝する公園です。本来、公園はそんな過ごし方をする場所です。名城公園は、施設内でもほとんどお金を使うところはありません。工夫して遊べば、大人も、小さなお子さんも楽しく時間を過ごすことが出来ます。ここでは名城公園を小さなお子さんをお持ちの母親(ママ)の立場から取材してみました。

「名城公園ガイドブック」の概要

まずは、名城公園の施設を基準にリストをつくり、写真と解説を加えました。何度も訪れていても、この取材で改めて施設の存在を知ったことも少なくありませんでした。
そこで、皆さんがあらかじめ名城公園を訪れる際に、頭に置いておくと格段に便利なことを紹介しました。また、ママと息子の遊び方も紹介しましたよ。あくまで参考ですから、上手に組合わせて楽しく遊んじゃいましょうね。

運動会でしたか?

(写真↑)入口から程近いところで、こんなに集まるちょっとした運動会もあったようです。

◆ 日曜日に限って利用できる貸自転車
◆ 夏にオープンする野外プール
◆ プール利用でなくても使用できるシャワールーム
◆ 野球の際に使用できる更衣室
なども併せて紹介していますので、宜しければご覧下さい。

名古屋市ニュース

サイトMENU

Copyright (C) 2007 バツイチママが息子と一日遊べる「名城公園ガイドブック」 All Rights Reserved.